第14回はむらイブニングサロン「今時の学生の就職活動を知る」

第14回はむらイブニングサロンは、「今時の学生の就職活動を知る」テーマに開催します。

人材の売り手市場が続き、実質的に通年採用の状況となっている今、従来の合同企業説明会等への参加者は減少し、一方で学生が就職活動の中で企業情報を収集する方法はインターネットを中心にますます多様化しています。

企業の採用活動も難しさを増していますが、採用活動に多くのリソースを掛けられない中小企業にとって、効果的な採用活動を行うために、今時の就活事情を理解することが有効です。

今回のイブニングサロンでは、国内唯一の就活サービス口コミサイを運営する株式会社モザイクワークより、今時の新卒就活事情についてお話しをいただきます。

学生たちがどのようなツールを使い、どのような時期に活動しているか、リアルな実情を掴むことができます。

また、東京工業高等専門学校からも高専学生の活動をお話しいただき、産学連携、就職につながる関係づくりについてお話しをお聞きします。

日 時 令和2年2月6日(木)16:00~19:00(18:00~19:00交流会)

会 場 羽村市産業福祉センター iホール(東京都羽村市緑ヶ丘2-11-1)

対象者 経営者、経営者に準ずる方

参加費 無料(交流会参加費2,000円)

プレゼン
・株式会社モザイクワーク 代表取締役社長
 採用学研究所 コンサルティングフェロー 杉浦 二郎様

「新卒採用の今」(仮)

当社は、国内唯一の就活サービスの口コミサイトを運営。
大小200程度あると言われる就活サイト(企業紹介・ナビ・マッチングイベント等)をマッピングし、ユーザーの利用状況を把握することで、いつ、どのようなツール(サイト)を使って就職活動を行っているかの情報を掴んでいます。
人材採用課題が続いているが、資金的・人的にも多くのリソースをかけられない中小企業にとって、効果的な採用活動とは何か、昨今の学生のリアルな就職活動状況紹介し、ヒントを得ます。

・国立東京工業高等専門学校 東京工業高等専門学校 副校長 鈴木 雅人様

「東京高専の産学公連携、学生との交流について」(仮)

東京高専が行う産学公連携事例や、インターンシップ・就職における学生と企業の交流について話題提供。
社会課題を解決するために、学生が1年間取組んだ取組みを、コンテスト形式で発表する社会実装教育フォーラムについても紹介。

はむらイブニングサロンは、参加者のビジネスマッチング・交流を図るため、当日参加者に参加者名簿を配布します。
参加者名簿には、所属・参加者氏名を記載いたしますので、趣旨をご理解、ご了承の上、お申し込みください。

 

 

 

イブニングサロンは、技術にプライドを持つ企業家・大学教員がプレゼンを行い、
プレゼンを聴いた意欲的企業家達とのマッチングを目指した異業種交流会です。

【今後の開催予定】

・3月19日(木)

※今後、日程は変更となる可能性もあります。

問合せ 羽村市産業振興課商工観光係/(一社)首都圏産業活性化協会
本事業は、羽村市から一般社団法人首都圏産業活性化が委託を受け、企画運営を行っています。