目的・名称・エリア

名称

正式名称は「一般社団法人首都圏産業活性化協会」と称します。
準正式名称は「社団法人TAMA産業活性化協会」と称します。平成12年度までは「TAMA産業活性化協議会」という任意団体でしたので、こちらの準正式名称のほうが親しまれるでしょう。
ちなみに「TAMA」は、「Technology Advanced Metropolitan Area:技術先進首都圏地域」の略です。
略語は「(社)TAMA協会」と称します。どうぞ気軽に「TAMA」「タマ」と呼んでください。
英文名は「Greater Tokyo Initiative」と称します。
平成10年4月に設立以来、平成12年度までは任意団体で法人格はありませんでしたが、平成13年4月に社団法人となり民法上の公益法人となりました。

目的

TAMA産業活性化協会の設立にあたって設立者一同により宣言された設立趣意書を、ここにご紹介します。
少し長いですがTAMAの活動趣旨をご理解いただけるでしょう。
今日、規制緩和やグローバル化による国際的な企業間競争が激化している中、新技術及び新製品を持続的に開発することは、中堅・中小企業のみならず大手企業にとっても生き残るための必須条件であり、このためには企業間の連携はもとより、企業のニーズを大学等研究機関のシーズと結び合わせるなどの新しいフレームづくりが求められています。
埼玉県南西部、東京都多摩地域及び神奈川県中央部に広がる地域は、新規成長産業群を生み出す潜在力を秘めた全国でも随一と見られる一大産業集積地域であり、この地域には、大手企業の有力工場、試験研究機関、優れた理工系大学が多数立地していることに加え、中小企業についても、市場把握力と技術力に優れた製品開発型企業と、高精度かつ短納期に対応できる高度な製造技術を有する基盤技術型中小企業が、ともに数多く存在しています。
私達は、当該地域を「Technology Advanced Metropolitan Area(技術先進首都圏地域)=TAMA」と呼び、
TAMAが、21世紀の我が国産業発展の先導的役割を担うため、企業の研究・開発部門や理工系大学等の集積を背景として、飛躍的に発展していくことを願うものです。
そのためには、研究・開発力や製造技術に優れた企業同士並びに企業と大学等研究機関との間の連携。交流が飛躍的に活発化し、TAMAが産業集積地域としての発展力を十分に発揮することが必要です。
このような前提の下で、平成10年4月に設立したTAMA産業活性協議会の活動通じて学んだ数多くの経験を踏まえ、さらに、強靭な活動拠点を形成し更なる発展を期すため、当該協会を解散し、埼玉県南西部、東京都多摩地域、神奈川県中央部を一体とした地域の産学官の強固な連携の下で、環境調和の観点にも配慮しつつ、同地域の中堅・中小企業の製品開発力の強化と市場の拡大並びに新規創業環境の整備を図ることなどを通じて、当該地域を世界有数の新規産業創造の基盤として発展させ、もって21世紀の
我が国経済の健全な発展に寄与することを目的として、社団法人首都圏産業活性化協会を設立するものです。

エリア

TAMAは「Technology Advanced Metropolitan Area:技術先進首都圏地域」の名称で、企業が集う開発型集積拠点です。
具体的には、●埼玉県南西部地域、●東京都多摩全域、●神奈川県中央部地域等をカバーエリアとします

広域TAMA地域

事務局アクセス

住所:
〒192-0083
東京都八王子市旭町9番1号
八王子スクエアビル11階
TEL:042-631-1140 FAX:042-631-1124
E-mail:info@tamaweb.or.jp
受付時間AM9:00〜PM6:00

コメントは受け付けていません。