第7回 「スマートなものづくりを考える会」を開催しました。

中小企業における「デジタルものづくり」

 

IoTやAIの普及により、製造現場での「ものづくり」の方法が大きく変わりつつあります。

このような新技術の実現と導入により、高い生産性を実現するだけでなく、「サービス」や「ソリューション」など新たな付加価値と競争力を生み出し、お客様との関係性にも大きな変化をもたらすと言われています。実際、中小企業においてもIoTやAIを活用した生産性改善事例は増えつつあります。
今回は、このような取り組みを進化させ、更なる付加価値向上、競争力強化につなげるための講演を開催いたしました。

【開催日】 平成29年10月27日(金)
【開催時間】16:00-18:30
【開催場所】西武信用金庫八王子支店 2階会議室 八王子市八日町1番11号 (JR八王子駅北口より徒歩10分)

【開催内容】

冒頭挨拶
TAMA協会 事務局長 池田 雅史

 

 

 

 

 

講演1 「IoT時代のデジタルエンジニアリング再考」
関ものづくり研究所  代表 関 伸一 様

 

 

 

 

 

講演2 「設計もできる板金屋から、板金もできる設計屋へ」
株式会社 星製作所  代表取締役 星 肇 様

 

 

 

 

 

講演3 「3Dプリント、人工知能やIoTで生産現場の未来はどう変わるのか~Fusion 360今までにないCAD/CAM/CAE~」
オートデスク株式会社  技術営業本部
エンジニアリングマネージャー 加藤 久喜 様

 

 

 

 

 

 

 

産学連携・研究開発部
地域連携コーディネータ 森 俊勝
電子メール:tcs@tamaweb.or.jp
TEL:042-570-3481 FAX :042-570-3482

カテゴリー: イベント, 新着情報, 産学連携・研究開発   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。