第28回医療イノベーションフォーラム開催のご案内

 TAMA協会は文部科学省の支援で「医療イノベーションフォーラム」を定期的に開催しています。本年度の3回目(28回目)はバイオマテリアル分野の最新の研究成果を首都大学東京の三好洋美先生、芝浦工業大学の中村奈緒子先生にご講演して頂きます。各位のご参加をお願いします。

【日時】平成29年9月29日(金)17時00分~19時00分
    (開場時間:16時30分 開始時間が従来より30分遅れですのでご注意下さい。)

【場所】八王子先端技術センター「開発・交流プラザ」
    (TCビル・5階会議室)

【内容】
 講演1:細胞における環境応答機構の理解に基づく生体材料表面のデザイン
  講師:首都大学東京 システムデザイン学部 
           知能機械システムコース 准教授 三好 洋美氏
  概要:細胞には、足場材料の微細な凹凸構造や剛性を感知して、細胞の性質~運動性、増殖性、分化状態~を
     変化する機構が備わっています。本講演では、細胞の環境応答についての理解が、細胞の生体材料表面の
     デザインにどのように生かされているか、について紹介して貰います。
     【三好先生の研究分野:細胞のメカノバイオロジー研究に基づいた生体に優しいバイオマテリアルのデザイン研究】

 講演2:細胞を制御するバイオマテリアル~再生医療への応用を目指して~
  講師:芝浦工業大学 システム理工学部 
                  生命科学科 助教 中村 奈緒子氏
  概要:血液や組織の細胞が材料と接触すると、様々な現象が起きます。例えば、材料を体内に移植すると、
     ある材料は敵とみなされ攻撃されて排除されますが、ある材料は身体の中に留まります。このような細胞の
     認識の違いについて明らかにし、細胞機能を制御可能とする材の開発、などについて講演頂きます。
    【中村先生の研究分野:生体造血システムの構築、人工材料と生体組織の結合に関する研究、
     体外循環型細胞収集デバイスの開発】

名刺交換会・情報交流会

●本フォーラムにご出席希望の方は、お手数ですが下記のFAXもしくは電子メ
 ールにて申し込みをお願いします。
 ・FAX :042-631-1124  松本
 ・電子メール:matsumoto@tamaweb.or.jp

カテゴリー: お知らせ, 新着情報   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。