シュタインバイス大学・東京農工大学・東京工業大学・横浜国立大学の合同研修が始まりました

TAMA協会では、シュタインバイ大学・東京農工大学・東京工業大学・横浜国立大学による合同研修を支援しています。

7月13日(木)、ドイツからシュタインバイス大学の学生約60人が来日し、東京農工大学小金井キャンパスで関係者によるウェルカムパーティーを開催しました。

本事業は、TAMA地域のものづくり企業へ学生が訪問し、企業課題について日独の学生が混合チームを編成して研究・提案を行うものです。

本年は、7月13日(木)~21日(金)の間に、
株式会社朝日ラバー(埼玉県さいたま市)
綜研化学株式会社(本社;東京都豊島区、狭山事業所:埼玉県狭山市)
株式会社ミズキ(神奈川県綾瀬市)
の3社へ訪問・研修を行います。

企業への最終報告・提案は7月21日(金)に行います。

日独学生の合同研修により、学生にとっては異文化交流と国際感覚の向上、そして企業分析の学習につながること、企業にとっては海外展開戦略へのヒントと異文化交流、につながることが期待されます。

 

カテゴリー: TAMAだより, お知らせ, 新着情報, 視察・講演   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。