第33回医療イノベーションフォーラム開催のご案内

 TAMA協会は文部科学省の支援で、定期的に医療イノベーションフォーラムを開催しています。
本年度の第3回目は、医療機器開発の動向と将来性、中小企業の独自技術による医療機器業界への新規参入事例をテーマに
ケイ・アンド・ケイジャパンの久保田社長、アイ・メデックスの市田社長に講演して頂きます。是非、ご参加をお願いします。

日時:平成30年9月25日(火)16時30分~19時00分

場所:八王子先端技術センター「開発・交流プラザ」(TCビル・5階会議室)

講演1:医療機器開発の動向と将来性
 講師:ケイ・アンド・ケイジャパン株式会社 代表取締役社長 久保田 博南氏
 概要:規制産業とも呼ばれ、また「多品種少量生産」が特徴の医療機器産業はその開発過程における異質性が特徴です。
    本講演では、実際に成功した例を紹介しつつ、これから求められる医療機器の方向性を解説して頂きます。
    更に久保田社長の長い経験を踏まえ、これからの参入を目指している企業へのアドバイスも述べて貰います。

講演2:グローバルニッチな生体電極というものづくり
 講師:株式会社アイ・メデックス 代表取締役社長 市田 誠氏
 概要:株式会社アイ・メデックス(千葉市)は、国内唯一の生体電極専業メーカーです。素材研究から電極スクリーン
    印刷、ゲル製造まで100%内製化していることを特長にしています。日本の医療市場にて海外製が高いシェア
    を持つ中、かぶれにくいことや電磁ノイズに強いという独自技術が評価されています。本講演では、そんな他社
    が真似できないグローバルにニッチな技術をもつ当社の創業からニッチ故の開発苦労、また、今後の取り組みなど
    について紹介して頂きます。

名刺交換・情報交換会

本フォーラムにご出席希望の方は、お手数ですが下記のFAXもしくは電子メールにて申し込みをお願いします。
●F A X:042-631-1124
●e-mail:matsumoto@tamaweb.or.jp 松本宛

カテゴリー: イベント, 新着情報, 産学連携・研究開発   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。