企業・大学・地域のネットワーク異業種交流会「第2回はむらイブニングサロン -ものづくり現場におけるAI実践ワークショップ-」

イブニングサロンは、技術にプライドを持つ企業家・大学教員がプレゼンを行い、
プレゼンを聴いた意欲的企業家達とのマッチングを目指した異業種交流会です。

第2回は「ものづくり現場におけるAI実践ワークショップ」をテーマに、講義とワークショップを行います。

日 時 平成30年8月22日(水)16:00~18:30(18:30~19:30懇親会)

会 場 羽村市生涯学習センターゆとろぎ 地下1階 レセプションホール(東京都羽村市緑ヶ丘1-11-5)

参加費 無料(懇親会費 2,000円)

 

AI技術のビジネス活用について、主なAI技術について概念的な理解を深めてた上で、
ものづくりの観点でとくに重要と考えられる画像処理、IoT、最適化 (スケジューリング)の3つに絞って、応用事例をお話しします。
後半には、この3つのテーマに沿って、ものづくりにおけるAI活用についてのワークショップ(グループ別ディスカッション、発表)を行います。

■イノベーションの歴史から紐解くAI活用の道しるべ
・第4次産業革命においてAIが果たす役割は?
・ 画像処理・IoT活用を推し進めるポイント
・最適化(スケジューリング、リソース配分)におけるAI活用

■ものづくりにおけるAI活用ワークショップ
・グループ別ディスカッション→発表(画像処理/IoT/スケジューリング)

 

講師:清田 陽司氏(株式会社メディンプル 代表取締役社長/博士(情報学))
京都大学在学中の1997年に人工知能(AI)分野の研究室に配属されて以来、20年間にわたりAIの研究開発に一貫して関わる。
東京大学に教員として在籍中の2007年に東大発スタートアップを起業し、2011年にバイアウト後、日本最大級の不動産物件情報サイト「LIFULL HOME’S」を運営する(株)LIFULLの主席研究員としてAIのビジネス現場への実装を主導。
新たに起業した(株)メディンプルにて、ヘルスケア領域を中心としたAIのビジネス展開に取り組んでいる。
人工知能学会 編集委員会副委員長など、AI研究コミュニティの要職を担当。

 

 

問合せ 羽村市産業振興課商工観光係/(一社)首都圏産業活性化協会

本事業は、羽村市から一般社団法人首都圏産業活性化が委託を受け、企画運営を行います。

カテゴリー: TAMAだより, イベント, 会員・職員だより, 新着情報   パーマリンク

コメントは受け付けていません。